2017年ノボンジャパン株式会社 ok@novon.jp 045-227-6355

Photo Degradable Plastics光分解

太陽の自然光との化学的反応による分解機構

 

Oxidatively Degradable plastics酸化分解

温度等の影響による酸化反応を伴う分解機構

 

Hydrolytically Degradable plastics加水分解

加水分解反応機構

 

Bio Degradable plastics微生物分解

微生物(バクテリア、菌類等も含む)の自然消化作用による分解機構

原理について:

紫外線(Photo)、温度(Thermal)、酸素(Oxidate)、微生物(Bio)を利用して、 プラスチックを低分子化し酸化分解させてしまう薬剤です。 

 
「つまり、ポリエチレンやポリプロピレンを酸化分解するのです」
 
デグラノボンの役割は、プラスチック自身が酸化して分解するのを手助けすること、 つまり、プラスチックの「酸化分解助剤」なのです。
添加したデグラノボンだけが分解するのではありません。
リサイクルのできない分野に使用することで環境負荷を低減する。
使い捨てをすることが環境負荷低減になる分野に使用する。

キーワード

A)紫外線・温度・微生物

自然界で物質を環境循環させる要素であり、様々な物質がこの3つの影響で分解に導かれる。

 

B)澱粉

微生物が食べることで物理的崩壊に導く。

 

C)触媒

温度や紫外線を利用して、分解に導くためのガイド。

 

D)低分子化

高分子であるプラスチックを低分子化させることで、分解に導くことが出来る。

 

E)プラスチック

高分子化されたポリマー(重合体)である。自然界では時間経過により、 高分子は必ず低分化する。

分解性プラスチックの定義は次の通りです。

  • 「上記のカテゴリーのなかで最低1種類(複数でも構わない)の分解機能を有し最終的に 水と二酸化炭素などの無機物に分解されるプロセスが測定されるプラスチック(高分子素材) は全て分解性プラスチックである。」

また、ASTM(米国の工業規格)による分解性プラスチックの定義では

  • 「自然界に存在する微生物等の活動により、分解するプラスチック」
  • 「分解性プラスチックとは、ある環境条件下で化学構造が著しく変化し、標準的な試験方法によって物質の変化が測定されるプラスチック」

とされています。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now