2020年ノボンジャパン株式会社 ok@novon.jp 045-227-6355

添加剤の開発販売の会社です

お客様のビジネスに合わせた植物由来添加剤と分解性添加剤の2種類

業務内容

 

分解性プラスチック添加剤(米国特許第5352716号、日本特許第2961138号) の製造・販売と使用した製品の製造販売

 

植物由来の添加剤(バイオノボン添加剤

第180052)を使用した製品の企画・製造・販売

 キーワード

 

 おもな環境対策は4つ

1)分解性

2)植物由来

3)使用量削減

4)リサイクル

​環境対策の求められる分野

   1)リサイクルのできない分野。

   2)リサイクルに処理費用やエネル ギーのかかる分野。

   3)使い拾てをすることがかえって

     環境負荷を軽減できる分野。

​2種類の添加剤
・植物由来の添加剤(バイオノボン添加剤)
・分解性の添加剤 (デグラノボン添加剤)

2種類の添加剤を製造と販売をしてます

 

1)

ポリエチレンやポリプロピレンに添加する植物由来の添加剤=バイオノボン添加剤

2)

ポリエチレンやポリプロピレンを分解性にする添加剤=デグラノボン添加剤

太陽光線、空気、温度の影響をうけて

低分子化を促進する。微生物の力を借りて水と二酸化炭素に分解する。

 

 知的財産

 

特許権者:ノボン・ジャパン株式会社 
特許第2961138号「分解可能な重合体組成物」 
特許第2606916号「分解澱粉の製造方法」 
商標登録第4291366号「デグラノボン」「DEGRANOVON」 
豪州商標登録第BN7212604号「ECO-3」

主要使用国

アメリカ、中国、台湾、香港、ドイツ、スペイン、フランス、イギリス、カナダ、ベトナム、タイ、インド、UAE、サウジアラビア、などで使用中

世界中ですでに使われています

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now
環境対策を考える

2つの添加剤   分解と植物由来

Go to link